ニュージーランドは看護師不足が社会問題となっており、多くの経験や知識のある外国人看護師を積極的に受け入れることで、この問題に対応しております。 

日本の正看護師資格をお持ちの方は、ニュージーランドの看護師資格取得に必要とされる英語力と書類を提出することで、
ニュージーランドの看護師になることが可能です。

ニュージーランド看護師資格取得までの道のりは険しいです。しかし、努力すれば成し遂げられるはずです。
みなさんの 夢が実現するように、「女性のためのピリ辛留学」が時には厳しく、でも、熱いハートで温かくお手伝いします。

研修都市

オークランド

参加資格

@ 日本の看護師資格を取得していること
A 大学の看護学部卒業 (看護学士号)を終了していること。
B 臨床経験: 看護学士号保持者は過去5年以内で2年以上の経験があること。
C 勤務先病院の看護部長/師長 (Senior Nurse)、先輩看護師 (Nursing Supervisor) 等、計3名から推薦状を得られる方
D 無犯罪証明書 (犯罪暦や、看護資格の一時停止や免職等がないこと)

プログラム構成

個々の英語力に応じて、超初心者研修プログラムを取り入れ、放課後の補習を行います。 超初心者コース終了後、語学学校へ編入し、一般英語コースを学びながら、英語力が中級以上になったらIELTSコースへ編入。 IELTSコースの受講は、編入資格レベルに達した時点で、そこから一番近い開講日からスタートとなります。

まずは「留学する」と決めること。全てはそこから始まります。「留学する」と決めた後は、やるべき準備が
たくさんあります。渡航前準備の詳しい内容はこちらからご確認下さい。
毎日の生活で困らない程度の英語力をつけるため、また、語学学校の授業に
スムーズに 入っていくための準備クラスとなります。 「超初心者研修」が
終わりましたら、 語学学校に入学します。

IELTSコース、OETコースの受講レベルを目指して英語を学びます。一般英語コース期間中は

ピリ辛留学STEP2のサポートを受けます。 詳しい内容はこちらからご確認下さい。

英語力が中級以上になったら語学学校のIELTSコース/OETコースへ編入します。

IELTS4科目全て(リスニング、リーディング、
ライティング&スピーキング)において「7.0」を
めざして、徹底的にIELTSの対策を行います。

OET4科目全て (リスニング、リーディング、ライティング&
スピーキング)で「B」判定以上取得を目指します。

New Zealand Nursing Council(ニュージーランド看護協会)への登録申請に必要な書類*1を提出。
登録申請を行います。
正看護師としてニュージーランドで仕事をすることができるか、適正・能力をチェックするもので、講義・実技実習
で構成されています。

資料請求はこちら

資料請求はこちら

資料請求はこちら

▲TOPへ戻る